知的戦略を研究する学説によれば学び方の習得は後天的能力によって決まると言われます。つまり、いわゆる勉強ができるかできないかは、生まれながらに決まってはいないということです。

であれば、いかに”まなぶ”か、いかに”かんがえる”かを学ぶことは非常に重要となりえます。

過剰な道案内や指導は創造力の芽を摘むことになりますが、問題解決の様式や方法、新たなアイディアを生み出す戦略など、子供が自ら”まなび”、”かんがえる”ことを助けるツールを与えることは子供たちにとって有益となるのではないでしょうか。

学びに関する私の考えは以下にまとめています。ご興味ありましたらご覧ください

学びについて