初投稿

 

はじめまして。私、人知れず家庭教育を研究しているPassoと申します。

ご興味を持ってくださってありがとうございます。初めてブログというものを書くので、わかりづらい部分もあると思いますが、お付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いします。

 

初投稿の今回は、私が家庭教育を研究し始めた経緯について話させてください。

 

 私はある田舎の町に生まれ、地元の小中学校に通いました。中学校では科学に興味を持ち、将来は新しいものを開発する研究者になりたいと考え、実家から近い高等専門学校(以下、高専)に進みました。高専では5年間勉強しました。勉強は面白く、いろいろなことを学びました。しかしながら、研究者になりたいといっても幅広く、これで食べていきたいと思える分野には巡り合えませんでした。私は、少なくとも勉強が好きだったことから、さらに2年高専の専攻科で学び、その後、関連する専攻のある大学院へ進学しました。大学院も研究活動など充実し、楽しかったですが、とうとう本当にやりたいことは見つかりませんでした。

 ですがそんな状況でも、社会人として生きていかなければなりません。私は研究をしたい、新しいものを開発したいという思いは少なからずあったので、これまで学んできた内容を活かせ、研究開発のできる地元の企業に就職しました。就職一年目は研究開発に没頭し、充実した日々を送ってはいたものの、年月が経つにつれ、なかなか自分の考えている開発のあり方と企業内での実際の開発のあり方にギャップが生じ、任せられる仕事もなかなか意欲が湧かなくなってきました。お金を稼ぐということは生活するために必要ですが、それだけが目的となって、日々がただ過ぎてしまうようで人生の充実感を味わえていませんでした。

 そしてふと、私だけじゃないたくさんの人がこんな思いをして日々を過ごしているのではないかと思うようになりました。充実した日々を送りたい、でもやりたいことが何なのか、そしてそれをやることで暮らしていくことができるのかという不安から、人生に妥協し、指示された仕事をこなすことに甘んじている、そんな状況に陥っている人ばかりではないのかと。そんな状態では仕事のパフォーマンスなど上がるわけもなく、何より人生の充実感を感じることができません。人生の充実感を得るために、そんな状況を一変させようとトライしてみても、それには膨大なエネルギーをかけ、リスクをとる必要があるので、現代社会に生きる大人はなかなかそこに踏み込むことが難しいのではとも思います。

でも、子供達は違います。

子供達には大人のように制約がなく、これからの将来に無限大の可能性を秘めています。私は思いました。

「今を生きる子供たちに同じような思いをしてほしくない。私のように本当にやりたいことが見つからず、生きていくうえで大半の時間を費やす仕事に対し、楽しさや充実感を味わえない、そんな思いをさせたくない」と・・・。

そして、さらに今の子供たちが

自分の熱中できる得意分野を見つけ、それぞれの道で楽しく活動し、充実して生きていくことができれば、各々の分野で素晴らしい価値を生み、ひいては日本の社会も発展していくのではないだろうか?

と感じるようになりました。
そんな風に未来を想像するとわくわくして、自分にその手助けはできないだろうかと考えるようになりました。そうやって、子供たちの可能性を広げ、充実した人生を送れるよう助けるために、私に何ができるだろうと考えていると、自分の中に活気がみなぎってくるのを感じました。
私は確信しました。

”これが私のやりたいことなんだ”

それからというもの、様々な本を読み漁り、自分の経験なども含め、”子供達が将来充実して仕事をできるように、小さいうちから育むべき能力を伸ばすにはどうすればよいか?”、”自分の可能性を信じ、視野を広げるために何をしてあげられるか?”など考え続けてきました。もともとから研究がしたいと思っていたので、科学とは分野が異なっても、調査、考察する過程は非常に楽しい時間でした。
そして考えた末に、子供達が将来、仕事を充実して楽しくやる、ひいては幸せになるためには

  1. 主体性、対話力、論理的思考力などの”自立力”を子供のうちから磨くこと

  2. 小さいうちから視野を広げ、様々なことを経験し、早いうちから自分のやりたいこと”を見つけること

 

以上の2つが重要であり、そしてこれらを”家庭教育で育む”という必要性に行き着いたのです。

 

私は現在、こういったことを、家庭内で子供と楽しみながら実現できないかを模索し、いろいろアイディアを考えるのが日課となっています。将来、自分の子供が生まれたときのために、今のうちから教育メソッドを構築し、価値のあることだと実証していきたいと思っています。

ですから、もし私のアイディアに納得、共感してくれるのなら、あなたにもそれを共有していきたいです!そして、その結果や感想もおたがい共有していけたらと思っています。そうやって、子供達の将来のためのフォローができ、それがもっともっと広がっていけば嬉しい限りです。

 

長くなりましたが、こうして私は家庭教育の研究を始めるに至っています。

今後、こういったことに関するアイディアや情報の紹介などを行っていけたらいいなと考えていますので、ご興味ありましたら、どうぞ読んでみてください。感想・意見・質問もどんどん頂戴したいと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Follow me!

コメントを残す